飼い主からのニースが高い!ペットを弔うためのペット火葬をする意義などを紹介します

このサイトでは、昨今急激にニーズが高まっているペット火葬について見ていくことにします。
今ではイヌやネコは我々人間と同等の存在となっており、飼育をなされている方にとっては家族と同じと考えられています。
しかし、非常に短い寿命となるので、必ずお別れをするときが訪れます。
その際は葬儀をしめやかにおこなうのがいいでしょう。
簡単に火葬を執りおこなう意義を解説します。
飼い主として何ができるのかを考える機会と言えます。

飼い主からのニースが高い!ペットを弔うためのペット火葬をする意義などを紹介します

ペット火葬をする意義として挙げられることは、大切な家族の最後をしっかりと見届けられるということです。
命の尊さを知る機会でもあり、天に召されたという現実を受けいれてともに過ごした思い出を振り返ることもできます。
ペット火葬の場合、霊園で執り行う方法のほか、移動車両で自宅まで来てくれるサービスもあります。
この場合だと家族のみで立ち会えるので、ゆっくりと家族で思い出話をしながら旅立つのを見守れることでしょう。

実は簡単なペット火葬に必要な手続きの手順

"

ペット火葬のは簡単な手続きで済みますので事前に流れを把握しておくと慌てずにお別れの時間が持てます。
まず、亡くなったペットが犬の場合は自治体、役所へ亡くなってから30日以内に死亡届を提出します。
提出先の役所は犬を登録した市区町村です。
犬以外にも特定動物に指定されているワニ、鳶、鷹などの動物についても手続きが必要です。
都道府県により定められた条例があるので確認しましょう。
犬がなくなった場合、届け出の必要事項は飼い主の住所、氏名、犬の死亡年月日、登録番号です。
必要なものは、犬鑑札、狂犬病予防注射、死亡届です。
血統書つきの場合は登録団体に血統書を返却する必要があります。
犬死亡届の提出方法は、役所の窓口に行き申請書を提出する方法、ホームページから申請書をダウンロードして郵送する方法、電子申請など自治体によって異なりますので確認しましょう。
自治体、役所で火葬をお願いすることもできますが、遺骨の返却や立ち合いができない場合が多いので、最後のお別れを心を込めて行いたい方はペット火葬を行っているペット葬儀の業者へ依頼することをおすすめします。

"

リーズナブルな価格を実現する、公営のペット火葬

ペットは家族と同じような存在であり、その大切なペットがなくなった場合には、手厚く見送ってあげたいと思うのは当然のことともいえます。
火葬の方法や葬儀の種類は業者により異なり、料金に関してもプランにより高額なものもあればリーズナブルなものまで選択肢は豊富です。
見送ってあげたいけれども経済的にあまり余裕がないと言う場合には、リーズナブルな価格を実現する公営のペット火葬を利用することも一つの選択肢に該当します。
一番安くペット火葬をできるのが公営のものです。
自治体の施設において火葬をするものであり、民間の業者のような様々なサービスを期待することはできません。
多くが合同火葬であり他のペットと一緒に行うため、骨を手元に残すことができないでしょう。
自治体の場合には亡くなったペットであっても一般廃棄物の扱いになるため、きちんと見送りたいと言う場合には、別の選択肢を考える必要があります。
だからといって業者に依頼することなく、自分で火葬をすると法律違反に該当します。
火葬を希望するのであれば、必ず業者に依頼することが求められます。

飼い主のプランを実現する民間のペット火葬のサービスとは

大切なペットが亡くなってしまったら、家族みんなで見送りたいと願う人も多いのではないでしょうか。
民間のペット火葬会社では飼い主とペットのお別れについてさまざまなサービスを用意しており、最後の時間をサポートしています。
用意されたオプションから飼い主のプランを実現するペット火葬を選択できる例も多く、サービスを選んでペットとの絆や思い出を確かめることができるでしょう。
オプションサービスの例としては、お見送り用のお布団や粉骨、遺骨カプセルや遺骨ネックレス、骨壷や骨壷カバーなどが存在します。
ふかふかのお布団に寝かせてあげられるお見送り用のお布団、火葬したお骨をパウダー上にして骨壷に入れやすくするサービスなど、必要に応じて選択することをおすすめします。
ペット火葬の後に残った歯や骨を収納する遺骨カプセルや遺骨ネックレスを使えば、いつまでもペットと一緒に過ごすことも可能です。
かわいい骨壷やカバーをペットのイメージと合わせて選ぶこともできます。

最新のペット火葬のスタイルの紹介

ペットを飼育している家庭は多くありますが、昔よりもより強い絆として家族同様に大切にする傾向が強まっています。
ペットが亡くなると人と同じように葬儀を行い、ペット火葬にて最後のお別れをするという場合も多いです。
昔は火葬した後は収骨後に家族が自宅に持ち帰る事が一般的でしたが、最近では最新サービスも多くより充実したサービスの元で供養をする事が可能となっています。
ペット火葬自体は種類が豊富になっており、火葬後も共同供養塔だけでなくレンタル墓地などの利用も可能です。
共同供養で預ける事ができるだけでなく、好きな時に供養に訪れる事ができるサービスもあります。
また最近では人である家族といっしょに納骨できるサービスなどもあり、家族の一員として最後まで供養する事が可能となっています。
ただし利用できる霊園や火葬業者毎にサービス内容には違いがあるので、比較した上でより自分達が望むサービスを利用できる業者を利用する事も大切です。

ペット火葬を利用する適切なタイミングとは

ペットを飼っていると、いつかは亡くなるときがきます。
犬や猫も長生きをしたとしても十数年程度で寿命がきますから、飼い主はペットの最期としっかりと向き合わないといけないです。
ペットが亡くなると供養をするためにペット火葬をすることになりますが、どのようなタイミングでサービスを利用すればいいのか分からないかもしれません。
ペット火葬のベストなタイミングは、ペットが亡くなってすぐであり、基本的には早めに業者に連絡をしないといけないです。
仮に高齢なペットを飼っている場合は、いつ亡くなってもおかしくないと考えて、早めにサービスを利用できる所を探しておくと安心できます。
ペットの遺体も適切に安置をしないと腐敗してしまうようなリスクもありますから、ペット火葬をするまでの間に管理をする方法を理解しておかないといけないです。
業者に相談すると安置する方法も教えてくれますから、早めの段階で相談をしておくのが大切になります。

ペット火葬の種類や流れを正しくチェックしておく

愛するペットが亡くなってしまったら、飼い主はどんな準備を行えばいいのか戸惑ってしまう人は少なくありません。
しかしどんな生き物も必ずお別れの時はやってくるため、ペット火葬の正しい流れをきちんと知っておき、きちんと送り出してあげる必要があります。
ペット火葬は大きく分けて合同火葬・個別火葬・立会火葬・特別火葬の4種類があり、火葬は方法は主にペット霊園と呼ばれる火葬炉や納骨堂、供養塔や待合室、お別れ室の設備が備えられている場所でおこなうか、移動火葬車が自宅まで来てくれ、その場もしくは近隣で火葬を行うシステムの2種類から選べます。
火葬の流れもペット霊園なら敷地内で葬儀を行い、ペット火葬を行って納骨、埋葬、供養と1つの施設内でセレモニーが行える特徴があり、移動火葬車ならば自宅まで火葬車が来てくれるので、簡易的にペットを火葬しお骨を残す事ができます。
可能で夜間や早朝にも対応してもらえるため、自身の車で移動することが難しい場合にも便利です。

ペット火葬にかかる時間はペットによって異なるか

ペット火葬は火葬場にて執り行うことが多いです。
人の場合はある程度の予定がわかりますが、業者やペットの種類によってペット火葬にかかる時間は異なっており、どのくらいかかるのか目安がわかりません。
ですが一般的にハムスターなど2kg以下の小動物であれば30分程度、3kgほどのウサギや猫、チワワであれば50分程度となっています。
小さければ小さいほど多く待機することはないのですが、5kgを超えるとある程度待機するようになります。
5kgから10kgほどあるパグは60分から75分ほど、10kgから25kgの中型犬では90分ほどかかります。
25kgを越えてしまうと3時間程度となり、約半日ほどは火葬に費やさなくてはなりません。
実際のペット火葬においても火葬後はご遺骨の拾い上げなども行われており、葬儀全体は1日程度必要となります。
なお合同でペット火葬が行われた場合は、ご遺骨の拾い上げは行われません。
一任して行う場合も立ち会う必要がないので、自宅で待機するようになります。

いざと言う時に知っておきたいペット火葬のマナー

ペット火葬の時にも人の葬儀のように服装や持参するものに関するマナーがあります。
ペットといえども厳かに執り行うことが大切で、服装は普段着でも構いませんが、あまりにも派手なものや肌が大きく露出しているものは避けて、黒や紺などの落ち着いた色合いなものを着用します。
これは知人などのペット火葬に立ち会う時も同じで、喪服までは着用しなくても地味目な服装で参列するのがマナーです。
持参するものはハンカチは黒か白のものを用意し、数珠や一緒に火葬する品を持参します。
一緒火葬するものはいつも食べていたおやつや好物な食べ物、眠る時にお気に入りのクッション、遊んでいる時に使っていたぬいぐるみなどを持ち込みます。
プラスチックのおもちゃや食器などを焼却時に臭いがしたり、熱で溶けて遺骨に付着することもあるので、厳禁です。
他にも人と同じようにお花も亡くなったペットを寂しくさせないアイテムで、白やピンクなどの淡い色のものが適しています。

ペット火葬でお供え物に適しているものは何か

ペットは飼う人にとって家族と同じように考えており、亡くなった場合は悲しみに暮れることが多いです。
家族同然であるためペット火葬を行いきちんと供養をします。
ペット火葬はほぼ人と同じように行われます。
そのため棺の中に思い出の品を入れて一緒に供養をしたいと考えますが、炉を傷めるや大気汚染の関係から、小さな手紙やほんの少しのお花とおやつに限定されることが多いです。
このようなことからお棺に納めるのではなく、その後ペットにお供えを用意し供養を行います。
ペット火葬のお供え物に適しているものは、ペットが好きだったおやつやお菓子となります。
思い出のおもちゃを写真の前にお供えしても良いでしょう。
友人からペットが亡くなったと知らされたときは、ペットをイメージするお花やかわいらしいキャンドル、フォトフレームをお贈りします。
お供え物は思いを込めてお贈りするものであるので、ペットと飼い主に寄り添った思い出深いものにすると良いです。